WITTENSTEIN ternary

ヴィッテンシュタイン・ターナリーはサーボファンクションユニットを開発・製造し、世界中に供給しています。

ヴィッテンシュタイン

お知らせ

ヴィッテンシュタイン・ターナリー会社と製品に関する疑問にお答えします。

2017年03月21日

会社と製品に関して、お尋ね頂く事が多い事項をQ&A形式でご説明いたします。

 

 

Q:ヴィッテンシュタイン・ターナリー(以下ターナリー)はドイツメーカーの代理店ですか?
A :
いいえ、ターナリーは、日本で電動サーボアクチュエータを開発・製造するメーカーです。
ヴィッテンシュタイングループの本社はドイツにあり、ドイツ国内・全世界のグループ企業合わせて約2000名の従業員で構成されています。ターナリーはグループの中で小型領域のサーボアクチュエータの開発・製造を担当し、グループの販売ルートを通して世界中に製品を供給しています。

 

Q:ターナリーの製品はドイツ製ですか?
A :
いいえ、ターナリーの製品は、日本国内で製造しています。 サーボシステムの電気・制御・通信部分、ソフトウェア、機構部、周辺装置などの設計から製造まで日本国内で行われています。 一部の製品に組み込まれる遊星ギアはドイツ製(グループ企業:ヴィッテンシュタイン・アルファ製)です。


Q:ターナリーの製品はどんな分野に使われていますか?
A :
自動化システム、ロボット、マテリアルハンドリングシステム、食品・医薬機械、工作機械、製造設備、アミューズメント関連など、メカトロニクスと駆動に関わるあらゆる産業分野に使われています。 その製品は、ヨーロッパ、北米、日本の多くの装置メーカーで使われています。

多彩な用途に関してはこちらをご覧ください。

Q:ターナリーの製品はどんな特長がありますか?
A :
自動省力化装置における動力性能、防水防塵性能の向上や、スペースの高効率化をもたらすサーボシステムです。 一例を挙げると、サーボアンプ内蔵アクチュエータの製品群です。 製品群に関しては「製品概要」をご覧ください。特長に関してはこちらをご覧ください。


Q:サーボアンプ一体型アクチュエータとは?
A :
サーボアンプや通信回路を本体に内蔵したサーボモータ、またはリニア機構や減速機構と組合せたサーボアクチュエータです。製品群に関しては「製品概要」をご覧ください。

 

Q:サーボアンプ一体型アクチュエータの特長は?
A :
サーボアンプを内蔵しているのでシステム構成がシンプルになります。 サーボアンプを設置する必要がないので、電気盤のスペースと設計・組立の手間が省けます。 内蔵のモーションコントロール機能やシーケンス機能を使えば、手軽に実験・試験・治具用途に適用できます。 アンプを内蔵することによりケーブル等の配線部品が減り、作業費を含めたアクチュエータ費用を安価に構成にできるという側面もあります。特長に関してはこちらをご覧ください。

 

Q:どうやって動かすの?
A : ターナリーのサーボ・ファンクション・ユニットは各種インタフェースから選べます。PIOのON/OFF操作だけでも動かせますし、アナログの電圧・電流、パルス列、シリアル通信のRS485の他、各種フィールドバスで動かすことも可能です。PCからはUSBやLANのインタフェースから動かしたり、パラメータの設定ができます。
駆動方法に関してはこちらをご覧ください。

 

Q:サーボアンプ一体型アクチュエータを選択する理由は?
A :
一番の選択理由は電気制御盤のサイズ・コストダウンです。 前述のように、装置や治具をシンプルに構成したいときに、制御盤やPLCが不要となります。 中・大規模な装置においても、サーボアンプを設置しなくてよいので電気制御盤を小さくすることができます。 また、エアシリンダなどを電動アクチュエータに置き換えるようなケースで、制御盤内にアンプを置くスペースがない場合やアクチュエータの追加、機種変更などにも有効です。
アクチュエータの台数が多くなってケーブル配線が大きなボリュームを占める場合、フィールドネットワークなどの通信部分も内蔵したサーボアンプ一体型アクチュエータを選択することによって大幅な省配線化が可能となります。
その他、省スペース、省配線化に伴う設計・組み立て工数の低減も考慮すべき点と言えます。

特長に関してはこちらをご覧ください。

 

Q:サーボアンプ内蔵タイプは、性能、機能が劣るのでは?
A :
動力性能については、アンプ内蔵のための制約や割り切った設計により、瞬時最大トルクや回生能力などが低く押さえられていたり、保持ブレーキやアブソリュートエンコーダのラインアップがなかったり、防水・防塵に対応していないなどの製品も市場には存在します。各種機能に関してはこちらをご覧ください。

 

Q:サーボアンプ内蔵タイプは、信頼性が心配だが?
A :
サーボアンプ一体型は、電気制御回路がモータ内にあるため、熱や振動など厳しい環境にさらされる可能性があります。 また、不具合時にアンプ部だけの交換はできないため、高い信頼性が求められます。 放熱構造や対振動設計に加え、金属シェルによる密閉構造であったり、堅牢性のあるコネクタ、可動部用にロボットケーブルの対応などが考えられます。

 

Q:サーボアンプ一体型アクチュエータを選択するときのポイントは?
A :
簡単な用途であれば、動力性能・機能が要求に合っているかがポイントになります。 工場の製造設備用途であればそれに加えて、アブソリュートエンコーダタイプの有無、保持ブレーキ付、CC-Linkやデバイスネット、イーサネット/IPといったフィールドネットワークに対応しているか、防水・防塵・環境温度対応は十分か、回生能力はどうか、運転寿命、寸法制約、価格・納期などが選択のポイントになります。

 

Q:ヴィッテンシュタイン・ターナリーの製品はどこで購入できますか?
A :
ヴィッテンシュタイン・ターナリーの営業(tel : 0268-29-4620 または mail : info-ternary@wittenstein-ternary.jp)へお問い合わせください。直販を基本としていますがお客様ご指定の商社様経由のご購入も可能です。

 

Q:ヴィッテンシュタイン・ターナリーの製品の納期の目安は?
A : 納期は製品タイプ、台数により異なります。ヴィッテンシュタイン・ターナリーの営業までお問い合わせください。
ヴィッテンシュタイン・ターナリーの製品は日本国内で製造され、多くはヨーロッパ、アメリカのヴィッテンシュタイングループ営業拠点を経由し世界中のお客様に届けられています。 日本国内のお急ぎの案件にもフレキシブルに対応いたします。

 


Q:ヴィッテンシュタイン・ターナリーの製品のサポートは?
A : 技術的問い合わせや仕様の相談、また万一のトラブルに対して
国内の技術サポート部門が対応します。 まずは営業にご連絡ください。

お問い合わせは下記よりお願いいたします。

メールによるお問い合わせ : info-ternary@wittenstein-ternary.jp

電話によるお問い合わせ : 0268-29-4620

 

 

トップページに戻る