WITTENSTEIN ternary

ヴィッテンシュタイン・ターナリーはサーボファンクションユニットを開発・製造し、世界中に供給しています。

ヴィッテンシュタイン

リアクションホイール

 

超小型リアクションホイール

ヴィッテンシュタインのコンパクトなリアクションホイール(サイバー リアクションホイール2)は、「ピコ」「ナノ」サテライト向けに特化した製品で、超小型衛星で使用される姿勢制御用に特別に設計されています。

サイバー リアクションホイール2には、最大200Gyの放射線に耐える真空定格のベアリングとコンポーネントが備わっています。

 

 

外観および技術的構造

20 x 20 x 20 (mm)の立方体で非常にコンパクトなリアクションホイールは、過酷な宇宙条件向けに設計されています。立方体の構造により、省スペースの統合が可能になり、またトルク/重量比の効果により、アプリケーションで最大限の柔軟性が得られます。効率、堅牢性、コンパクトさがサイバー リアクションホイール2の特徴です

 

 

構成

サイバー リアクションホイール2は、衛星を360°どの向きにでも姿勢制御するためのさまざまなが構成ができます。

最も代表的なコンパクト構成を以下に示します。

 

 

技術データ

パフォーマンス

  角運動量(@ 20000 r/min) 2.0 mNms
  定格回転速度 20000 r/min
  定格トルク 0.1 mNm

機械的仕様

  質量 <30 g
  寸法 20 x 20 x 20 mm

電気的仕様

  供給電圧 5 V
  動作電圧 3.3〜8.4 V
  定格速度での電力消費 <300 mW
  ピーク時の電力消費 <1000 mW

環境

  動作時温度 -40°C〜 + 85°C
  非動作時温度 -60°Cから+ 100°C
  稼働時間 25000時間

 

 

Tools

動作計算用Exelおよび評価キットを準備しています。

  

 

 

スターターキット

試運転のために、リアクションホイールスターターキットを提供しています。これにより、PCとMotionGUI 2グラフィカルユーザーインターフェイスを使用して、リアクションホイールを短時間で操作できます。 これにより、診断、最適化、およびパラメーター化を実行することもできます。

 

 

プロジェクト例(NetSat)

死角なく物体を完全に観察するには、さまざまな視点からの画像を組み合わせる必要があります。また、私たちは地球の三次元観測に新たな基準を設定し、将来の通信ネットワークに向けて衛星を最適な位置に配置し、地球を観測する際の隠れた点を避けたいと考えています。

ドイツのヴュルツブルクにあるテレマティクスセンターは、4つのCubeSatミニ衛星(質量<4kg)を開発しました。 2020年9月28日に、ソユーズロケットを使用して、ロシアのプレセック宇宙基地から地上600kmの軌道に、これらを打ち上げました。衛星ごとに6つのサイバー リアクションホイール2が搭載されています。無線リンクにより、小型衛星間のデータ交換が可能になり、さまざまな操作が実行できます。サイバー リアクションホイール2は、衛星のx、y、z方向の位置制御を担っています。

 

このページのTOPに戻る